HOME > 永久磁石の種類

永久磁石の種類

永久磁石の種類

永久磁石の活用法は無限にあり、今後もますます広がってゆくものと思われます。
ここでは、代表的な永久磁石の特徴、特性を紹介します。

ネオジウム磁石

ネオジウム磁石

ネオジウム・鉄・ボロンが主成分で、粉末冶金により成形されます。磁気特性は現在ある磁石のなかで最高の数値を示します。

 ネオジウム磁石 詳細

サマリウムコバルト磁石

サマリウムコバルト磁石

希土類サマリウムとコバルトが主成分で粉末焼結により成形されます。

 サマリウムコバルト磁石 詳細

アルニコ磁石

アルニコ磁石

アルミニウム・ニッケル・コバルトを主成分とし、溶解して鋳型に流し込む鋳造法により製造される金属磁石で、古来より広く使用されてきました。

 アルニコ磁石 詳細

フェライト磁石

フェライト磁石

炭酸ストロンチウムと酸化鉄を主原料とし、粉末冶金により製造されます。

 フェライト磁石 詳細

マグネットシート

マグネットシート

ストロンチウムフェライトの磁石粉末をゴムやプラスチックに混ぜ合わせて成形することにより、ゴムの性質を持った磁石として知られています。

 マグネットシート 詳細

ページ先頭へ


サイトマップ お見積もり・お問い合わせ よくある質問 会社概要 ホーム 川上磁石株式会社